タクシードライバーに憧れて【簡単に申し込みできる】

求人内容を確認しよう

運転手としての心構え

おもちゃ

単純に運転をする仕事というわけではなく、タクシードライバーには乗客を安全に目的地まで送り届ける義務があります。
タクシードライバーになるためにはまず条件として運転免許を取得していなければなりません。
なぜならば乗客を乗せるためには普通免許の他に二種免許が必要になります。
二種免許を取得するためには免許を取得してから3年以上経過していなければならないので求人に応募する段階で免許がなければ、二種免許の取得も不可能ですからタクシードライバーになる事は出来ないのです。
免許を取得してから3年以上経過しているならば、二種免許を取得していなくてもタクシードライバーの求人に採用される可能性はあります。
もちろん経験者の方が優遇されますが未経験者でも採用される業界です。
しかし未経験の場合は求人に応募して採用されたとしてもすぐに乗客を乗せることはできません。
自動車学校へ通い研修を経てからデビューするのが一般的ですから、実際に勤務できるまでには1か月程度かかると思っておいた方が良いかもしれません。
経験が少ないからといって歩合がつかないわけではありませんし、未経験からでのスタートでも乗車率が高ければ歩合も多くつくので結果的に給料アップにもつながります。
求人に応募する時には求人内容をしっかりとチェックしてから応募しましょう。
タクシー会社によって給料システムや勤務時間、そして条件など異なりますので自分に合った会社に勤めるためにも求人選びは大切です。

比較して選ぶことが大切

模型

タクシーの求人は募集数も多いので、経験者ではなくても採用してもらえることが多い業種です。
また、タクシー乗務員の仕事は、主に運転がメインの仕事になります。
そのため、接客が苦手な人でも運転のスキルがあれば問題なく働けます。
乗客と行き先などについてのやり取りはしますが、営業所とのやり取りは基本的に無線になります。
長時間運転をする仕事なので、休憩するタイミングなどはその時の状況によって自分で選択することができるというのも魅力の一つでしょう。
タクシー乗務員は法人か個人かによっても給料の相場が異なりますが、法人の場合は固定給に成績次第で歩合が加算されるのが一般的です。
しかし、求人の種類によって給料にかなり差が出てきます。
そのため、高収入を狙いたいのならば歩合を高く設定している会社を選ぶと良いかもしれません。
また、タクシーの求人は未経験でも採用可能な会社もたくさんありますが、即戦力を狙うために経験者の方がやはり需要は高くなります。
タクシードライバーとして勤務するためには二種免許を取得する必要があります。
二種免許については教習所に通って取得する方法と直接免許センターで試験を受ける方法があります。
また、求人によっては企業側が免許取得に関して手立てをしてくれることもありますから、未経験の場合は未経験を多く採用しているタクシー会社を選びましょう。
タクシー乗務員は自分のペースで働くことができるので自分が頑張ることによって給料をアップさせることができるのも魅力的です。

平均的な相場とは

男性

将来のことを考えて転職しようとタクシーの求人に応募するときは、その平均相場を知ってから応募される方も多いです。
そんな中、タクシーの運転手の月収の平均は、20万円前後というところが多くなっています。
20万円前後というと少ないと感じる方もいますが、これは基本給であり、お客さんを乗せるとこれよりも多くお金をもらうことが出来ます。
仕事中、ひっきりなしにお客さんを乗せることができているタクシードライバーならば、月収にして50万円を超える方も珍しくはありません。
また、タクシー会社のほとんどで福利厚生を設けており、雇用保険はもちろんのこと、厚生年金や社会保険などは付いているので安心して働くことが出来ます。
企業によっては保養所が使える所もあり、求人を出している会社によって福利厚生の充実度も変わってきます。
タクシーの求人に応募する際、資格を持っていない場合には二種免許の取得費用をバックアップしてくれる所を選ぶのがよいです。
また、働いた経験があり、ある程度タクシー運転手で稼ぐことが出来た方は、規模の大きいタクシー会社を選んでみましょう。
タクシー運転手は余りお客さんを乗せることができていない人の場合には、年収にして250万円程度、コツを掴んでお客さんを毎日ある程度乗せており、距離も稼げている方ならばその二倍から三倍はもらうことは出来ます。
タクシーの給与体系は実力主義なので、頑張れば頑張るほど短期間で結果を出すことが出来るのです。