タクシードライバーに憧れて【簡単に申し込みできる】

人気のある運転手の仕事

ドライバーに必要な要件

タクシー

タクシー運転手の求人はいつでもあると思っていませんか。
東京都内では、そのニーズの高さから人気職になっています。
全国平均では300万円を割ってしまう給与も、東京ですと頑張りによっては、500万円近くになります。
人気が出るのも頷けます。
それではタクシー運転手になるために必要な要件はなんでしょうか。
まず第一に、「タクシーの運転手がしたい」という強い意欲が欲しいです。
動機は何でもかまいませんし、頑張って年収を上げたいでもよいのです。
どんな求人でも、その仕事に就きたいという熱意は何にも代え難いものです。
それから当然のことですが、確かな運転技術と地理の知識です。
難しいことではなく、安全に正確に運転ができればそれでよいのです。
地理についても最近の車はカーナビが標準装備されているので、それほど神経質にならなくてもよいでしょう。
しかし都内でタクシー運転手をするのなら、だいたいの地理くらいは頭に入れておきたいところです。
タクシーの運転手は、接客業だということを忘れてはなりません。
利用客にはいろいろな人がいます。
ビジネスで急いでいる人、観光目的の人、具合が悪く早く帰宅したい人など、それこそまちまちです。
求人票にはそこまで書いていないでしょうが、そういった人たちの気持ちに配慮できるような人材を求人しているのだと思ってください。
要は心配りや配慮が出来る人こそ、タクシー運転手に向いているのです。
またタクシー運転手は一人でいる時間が長い仕事です。
そのため、単独での行動や一人の時間が苦手な人には向かないでしょう。

接客好きにも適任の仕事

運転手

車の運転が趣味だという方にとって仕事にするとぴったりなのがタクシーの運転手です。
一般的には、朝早くから朝遅くまで働いて、それほど多くは稼げないというイメージがあるかもしれませんが、実際は自分のペースに合わせて勤務することが可能となっています。
しかし一方で、売り上げの約6割が給与になるという歩合制を採用している会社が多いです。
ですが、タクシーの運転手は、それなりにコツがつかめるようになると、かなり効率的に稼ぐことができるようになる魅力的な職業です。
では、タクシー運転手になるためにはどうすればよいのでしょうか。
インターネットなどで検索すると求人サイトが数多くヒットしますが、これらを使って自分の希望に合致するタクシー会社にエントリーすることが基本的な流れとなります。
ここで気を付けなければならない点として、タクシー業界は競争が激しいため一部には激務の会社が存在することと、しっかり稼げるようになるためにはそれなりにノウハウが必要となるため、しっかりとした研修体制が整っているところを選ぶようにすべきであるということの2点です。
これらの情報はサイトに出ている求人広告だけを見ていたのでは必ずしもはっきりとは分かりませんので、なるべくであれば口コミや実際に働いている方の雰囲気などの生の情報に接することが重要となります。
幸い街を歩けば様々な会社のタクシーが走っていますので、いくつかに乗車してみてドライバーの方と求人情報と実際の会社の状況などについて聞いてみるのもお勧めです。
しっかりと教育されていて活き活きとして仕事をしているように見える会社であれば安心ですので、求人サイトからエントリーしてみましょう。

寮など福利厚生は重要

運転

未経験からタクシー業界への就職、転職を考えている方がまず知っておくべきポイントといえるのが必要な資格です。
タクシー業界で働くためには最低限、資格の取得が必要になります。
通常の運転免許だけでは無く、普通自動車第二種免許という免許を取得する必要があるのです。
この普通自動車第二種免許、通称、二種免許には受験資格があり、年齢が21歳以上かつ免許取得から3年以上が経過している必要があります。
タクシー業界は人を乗せて目的地まで安全に運ぶというのが最大のミッションとなるので最低限の運転経験が必要になるのです。
なお、この二種免許は一般的な教習所でも受ける事が出来ますし、合宿でも取得をする事が出来ます。
期間も最短で一週間程度で取得が行えるので、すぐにでもタクシー業界で活躍をしたいという方も安心です。
また、タクシー業界の求人を見る際に知っておきたいのが寮の有無です。
タクシー業者の中には福利厚生の一環として、会社借上げの寮や自社寮を持っているケースがあり、従業員の金銭的な負担の軽減を行っています。
中には家族での入居が出来るタイプの寮を提供している会社もあるなど家族と一緒に寮に入りたいという方も安心です。
ただし、必ずしも寮が完備されているわけでは無いので、求人を見る際には要注意です。
この様にタクシー業界への就職、求人への応募を考える上では押さえておきたいポイントがいくつかあります。
地域によってローカルルールなどもあるので、求人チェックの際にはそれらも注意しましょう。