タクシードライバーに憧れて【簡単に申し込みできる】

都会の運転手として

街の人のドライバー

タクシー

車の運転が何より好きという方にとって、それで生計を立てることができるというのは夢のような話ではないでしょうか。
そのような夢を叶える方法としてタクシードライバーになるという方法があります。
現在では、少子高齢化が進む地方とは異なり、東京はまだまだ人口が増加し続けており、世界各国からの訪問者も多く訪れているのです。
それにより、タクシーの需要は今後も増え続けることが予想されます。
そこで、東京でタクシー運転手になれば、好きな運転をしつつ十分な稼ぎを得ることができるのではないかと考えがちです。
しかし、実際にはそのぶん競争が激しいというのが現状なのです。
なので、重要となるのはタクシー会社選びとなります。
東京には大手から中小に至るまで星の数ほどタクシー会社が存在していますが、その中で自分のニーズに合ったところをいかにして選ぶかがポイントとなります。
タクシーで生計を立てるには、単に運転が好きというだけでは十分ではなく、顧客を拾うためのノウハウや十分な満足を提供できるだけの接客の技が必要となります。
さらには迷わずに目的地にたどり着くことができるだけの交通知識など様々なスキルが求められます。
最初からこれらすべてを習得することは困難ですが、優良なタクシー会社であれば充実した研修制度を設けて社員のスキルアップに努めているはずです。
なので、まずは求人会社などを通じてそのような制度面についての情報を収集することが大事な点です。
次に待遇面についても会社によって成果の取り分が異なるため、希望するいくつかの会社の報酬体系を比較してなるべく、自分に有利な条件となっているところを選ぶようにしましょう。
これらの点を抑えることによって、東京でタクシードライバーとして生計を立てることが可能になるはずです。

福利厚生面も確認

運転手

東京には350社以上のタクシー会社があります。
タクシー業界は顧客の取り合いが激しいですが、特に東京はその傾向があります。
また会社の数が多いので、ドライバーは常に不足の状態です。
ドライバーの求人は多く出ていますが、各社それぞれ特徴があります。
まずタクシードライバーになる為には二種免許の取得が必要です。
免許の更新取得費用は、会社負担になる場合もあります。
これ以外では、東京のタクシー会社では地理検定の勉強が必要です。
またタクシードライバーは歩合の要素が多分にあります。
歩合比率は会社によって違いますし、基本給も異なります。
会社の平均給料やどの程度まで稼げるかも確認する事も大切です。
また東京では法人契約を主に取り扱うタクシー会社もあります。
客待ちをするだけでなく、配車が増えるなどのメリットがあります。
また東京のタクシー会社では、未経験者も採用していますが、未経験者がすぐに馴染めるよう、一定期間給料保証をする会社もあります。
一定期間は3カ月や半年ですが、期間がどの程度が、また給料保証があるかどうかも確認が必要です。
これ以外では、給料以外にも福利厚生が大切です。
寮があるのか、退職金も選択のポイントです。
また勤務体系もシフト制なのか、きっちり休み取れるのかなども会社選択では重要です。
このように同じ東京のタクシー会社でも求人内容は大きく異なります。
まずはどの点を重視するのか、ポイントを明確にして求人を探す事が必要です。
また疑問点などは早めに解決する異なりも必要です。

全国平均と比較すると

運転手

東京のタクシードライバーは、他の都市の運転手よりも恵まれた環境で仕事ができると言っていいでしょう。
東京は人口が集中しているため、タクシーの乗車客も多く全国のタクシードライバーの平均年収よりも高収入であるということがデータで示されています。
日本全国のタクシードライバーの平均月収23万円ほど、年収は約300万円あたり、対して東京のタクシードライバーの平均月収は32万円ほど年収は400万円前後です。
地方都市ではモータリゼーションが進んでいるために、タクシーの利用客は少なくなっているのがこの差に影響していると考えられます。
これは、平均的な年収のことでこれ以上の平均年収を稼ぎ出している方は数多くいます。
タクシーのドライバーの給料は歩合制なので、自身の能力次第で収入を増やしていくことは十分可能です。
福利厚生については、賞与が年3回支払われるというタクシー会社が多いようです。
賞与の金額はどのように決まるかと言うと、売上の55%から60%程がタクシーの運転手の取り分になりますが、この内5%程を積み立てておきます。
このお金が賞与のときに支払われるのが大半のケースです。
このため、平均的な収入が多い東京の方がやはり賞与についても多くもらえるということになります。
また、雇用、労災、健康保険、厚生年金といった社会保険は完備されており、各種の健康診断も実施されています。
大手になると保養施設を所有しているところもあり、研修制度に力を入れている会社も多いです。
自身の能力を工場を図りたいといった方は、研修制度の充実しているところを選ぶとキャリアアップを図れるかもしれません。